プロとしての技術を磨く



どれほど施設が立派であろうと、どれほど料理が豪華であろうと、おもてなしをする人の気持ちが伝わらなければ、そこに歓びは生まれません。おもてなしをする人の心があってこそ、旅館であると考えています。
そして、私たち「海栄RYOKANS」では、紳士・淑女であるお客様をおもてなしするためには、従業員も紳士・淑女でなければならないという信念のもと、一人の社会人として、一人のプロとして、おもてなしが行えるように従業員教育に取り組んでいます。
また、従業員の業務に対する改善意識を高めるために従業員からの業務改善提案を募集。魅力ある旅館づくりや効率的な旅館経営のために、従業員自らの積極的な参加を促すように努めています。こうした従業員の姿勢が、明日の「海栄RYOKANS」を支える礎になっていると考えています。

「海栄RYOKANS」では、従業員一人ひとりが旅館業務の全体像を把握するために、希望の職種に関わらず、接客、調理、清掃の各業務を研修として経験してもらいます。

新人研修の一環として接客セミナーを実施。社会人としてのマナー、接客のマナーなど旅館業に必要な基本マナーを習得します。

外部シンクタンクが主催する新人セミナーに参加することがあります。

業務の効率化を推進するために、各業務における改善教育を実施。よりスムーズな業務運営により、接客の質向上をめざします。


この他にも、「海栄RYOKANS」の基本ルールを記した冊子を配布。従業員は携帯するように心がけています。また、従業員一人ひとりが自ら業務マニュアルを作成し、定期的に更新。自らの意識改革が教育の第一歩です。

☆☆お問い合せ・エントリーに関して☆☆
電話 0569-64-3555 担当:片岡