海栄RYOKANSとはABOUT

創業の精神をそのままに Identity

海栄RYOKANSの歩み

生まれ育った南知多に貢献するために、
何かできることはないのか。
最高経営責任者 渡邉幸一の思いから、
1981年に開業した「海栄館」。ここから「海栄RYOKANS」の歴史はスタートします。

旅館業

今日、合計18館の旅館を展開中です。
地域とともに歩み続ける旅館として、
それぞれの地域の歴史や文化、風習などを見つめ直し、
その地域に根差した旅館運営をめざしています。

レストラン業

旅館業を通して学んだレストラン経営のノウハウを事業に展開。
地産地消を通して、地元の文化、産業を取り込んだ新たなる料理の開発にも取り組んでいます。

求められる存在であり続けるために Policy

ホテルと旅館。
同じサービス業でありながら、そこには明確な違いがあり、旅館は料理・接客というトータルサービスを提供するビジネスです。
私たち「海栄RYOKANS」は、ブランド名が示す通り、日本古来の伝統的スタイルである旅館というおもてなしにこだわり続けています。
そして、これからもお客様に支持される旅館であるために、私たち「海栄RYOKANS」は「記念日の宿®」をコンセプトにお客様に感動を与えることをめざしています。

お客様の声なき声に耳を傾け、その要望に応えること、そしてそこに生まれる癒しや寛ぎ。同時におもてなしの質を高めることはもちろん、コストパフォーマンスの向上、作業効率の改善にも取り組み、旅館業におけるビジネスモデルの確立をはかりたいと考えます。

海栄RYOKANS 代表・社長
渡邉玲緒
Profile
1975年生まれ 南山大学卒
2001年 株式会社 海栄館入社
2001年 専務取締役
2017年 代表取締役社長
蒲郡観光協会の若旦那としても活躍
【公職】
・全旅連青年部副部長
【その他】
・JTB旅館ホテル連盟愛知支部 副支部長

おもてなしの思考Concept

「海栄RYOKANS」は、それぞれの地域の歴史、文化、そして客層を踏まえながら、
おもてなしの質を高めるべく取り組んでいます。
全ての18館は、「記念日の宿®」をコンセプトに、皆様方それぞれの記念日づくりの
おもてなしをモットーにしております。

記念日の宿®は海栄RYOKANSの登録商標です。

共生のための取り組み Symbiosis

環境への取り組み

美しい風景や温泉の恵み。旅館業とは、自然との共生が
あってこそ、成り立つビジネスです。
「海栄RYOKANS」は旅館業に携わる一企業として、環境対策に真摯な姿勢で取り組んでいます。
現在、ゴミの分別回収、温泉の有効利用はもとより、従業員から省エネ改善提案を募るなど、従業員の意識向上にも着手。また、調理に利用した油をクルマの燃料として再利用するための研究など、さまざまな課題について多角的な検討をはじめています。
おもてなしの質を損ねることなく、より環境に配慮したサービスの提供をめざしていくこと。
それが、「海栄RYOKANS」の未来を担う、ひとつのテーマになっていくと考えています。

地域とのつながり

地域とともに歩み続ける旅館であるために--------
私たち「海栄RYOKANS」では、それぞれの地域の歴史や文化、風習、産業などを見つめ直し、その地域に根差した旅館運営をめざしています。
たとえば、地域の伝統的なお祭りや花火大会などへの寄付をはじめ、地域観光活性化のための文化活動をサポート。
また、その地域の魅力を掘り起こし、情報発信することも旅館の役割と考え、その地域の歴史や文化を体験するプラン、地の物を使ったメニューなどの提案に取り組んでいます。これからも地域の発展を担う一企業として、地域活動の支援はもちろん、地域の魅力づくりを陰ながらサポートさせていただきます。

instagram

海栄RYOKANSグループ